養生の角膜炎お粥のレシピ栄養は卵の牛肉のかゆを補う

おかゆ、おかゆに肉、キノコ、卵、栄養はもちろん、味はもっと新鮮だ、おいしい、口には口にしない.秋冬易傷肺、大袈裟にするのを考えていてどのようにより養生をするより一番使いやすい粥品.1碗のかゆ、薄いで長い味、もっと人に栄養を補う同時に1部の静かさと温情を出して.

材料:米、もち米、牛肉、しいたけ、卵、ねぎ.

P作り方:

1、米,角膜炎、もち米をきれいに洗った後に清水に浸して1メートルあたり水に浸します;牛肉はきれいに洗って;しいたけは洗って切片切片;ねぎは洗ってみじん切りします.

に、土鍋に足を付ける適量を沸かし、加入漬けの米は滴に数滴ゴマ油,そしてスプーンでかき混ぜてみように米砂鍋底) ,大火は煮た後弱火で煮てからメートルに開花し、汁濃稠.

P3、適量をとり、ジンジャーを入れ、椎茸、椎茸、牛肉など、少量の塩と白コショウ粉を入れ、最後に卵黄に入れて、少量のゴマ油を入れ、アサツキをかけてもいいです.