金色の角膜炎微笑みは

私は孤独に穀に立っている――

と孤独に立っている

一面の雲のように浮遊――

には黄色の小松菜花――

の大片花の花――

銀河にきらめく星――

は、銀河にきらめく星のようだは湖の端に沿って無限に広がっている――

は湖の端にある無限に伸びている――

Pは、キラキラ目の瞳――

ではPは起伏のメロディ、楽しみに踊っている

Pの自由に酔いしれているPと悦びした私は黙って目を閉じて

を閉じましたPはゆっくりと漂ってくる清香に陶酔する

に陶酔しているその香りは,
,角膜炎、そのように熟知しているということです. その手は金色の花輪をおだてている娘

の手では今、詩人の心には、Pという憂うつが鈎てありました.私はそっと開けて,かつて縛られている心

を縛りて

を縛っていましたこの金子のような殿堂入りを胸に抱き、<P>という私は私の寂しさの魂の深さに秘蔵して

を秘蔵して

を秘蔵して<私は私の心の中の空の中で、あるいは黙々として考え込んする

私の心

にお供に来てくれて

――と、私の心が上がっ满幸福

pと金色の小松菜花と一緒に踊る

ノラの風と蝶が金色の微笑を追いかけて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です