耳角膜炎を取り出さて松永を曳き

一般的に、角膜炎、耳垢、通称耳あかとともに、人々の咀嚼口や、あくびの活動のために自らがいらないので、頻繁に耳を、一般のじゅう日程度を一度だけ;もしません長期耳を取り出し、形成耳垢塞栓症は、病院で専門器械を取り出して、更に点耳剤点耳に~さんの日、感染予防.

自分で耳を取り出さば、棉棒で.そっと綿棒頭がふわふわ巻き引っ張る防止のため、アルバイトの綿棒に傷の耳の道で、そしてその外耳道に向け、耳を下に向け、耳垢が出た.粉の形は適当に綿棒を使うことができて、大きい粒は、ぬるま湯あるいは専用の水薬は耳にして、数分後にまたそっと取り出して取り出します.また、金属、プラスチック素材の取り出さは、硬く、耳にダメージをもたらしやすく、爪を縫って、耳にすることはありません.

(責任編集:徐晓宇)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です