白露:保温に気をつけて、角膜炎体が暖かくて、秋冬は太りにくいです。

この節気(9月8日~9月22日)は,角膜炎、秋の寒さが明らかになったと感じました.白露後、昼夜温度差は増大して、人体の血圧の変動にも増大して、心臓血管の疾病の発生率が増加し、平日に薄い飲食や穏やかな気分による循環が悪くなり、肥満と関係の病変.

熱、恥ずかしい体質愛生水を飲むに加え、もし普段シャワー習慣が者で、秋の陽に減少し、白露後より冷たい減少接触を避けるために、陽気で新陳代謝を高めることはできませんすばしこく、加速に脂肪を蓄積.寒し、虚体質がびしびし、寝るにはしないというが、寒さに気をつけていないと胃腸を傷つけ,免疫力を低下させることができます.飲食の重点として

白露から明らかに乾燥気候の人体の影響を感じ、体内の陰液がのぼせるにくくなります、口乾舌乾燥、皮膚と口唇、便秘、便秘などの現象があります.

秋対応肺ため、白露時節注意飼って肺、多く食べて熱を下げることができる滋陰食品、例えばナシ、キクラゲ、蜂蜜、ユリ、クコの実、大根、大豆製品など.

ビタミンCなどの緑黄色野菜、カイラン菜と、ホウレンソウ、ブロッコリーなど、肺を潤すこと効果;肺と大腸を表裏でも改善し、唾液、秋燥による排便暢.

寒、虚体質者ガス不足、適切に進むことに補う避けなければならない、乾燥して邪伤气代謝が低下する.毎日起きを含む赤い蔘、またはからさんに赤い蔘熱湯を飲み、ブーストの陽の息、代謝の役割を強化する.

【節気で速成秘訣:足の裏湧水の穴歛陽法―-下1の暖かい氷結肥離れ」

肥満の人は下肢としてはかす、循環が悪く、腰圏以下から脂肪と浮腫がたまっている.毎日マッサージは、特に足の裏心の湧水の穴に、陽陽の作用を高める作用があります.体は暖かく、血気はすばしこく、毎日暖かくなって、知らず知らずにやせていくことができます.

にしても◎:湧水のツボは足の裏の中央部に位置し、3分の1箇所、足の裏には、足裏の接続部に相当する.

◎◎やり方:手の親指で丸い湧水をする.10回の後に1秒を押さえて、1秒で20度、また同じ動作を繰り返して同じ動作を繰り返して.

.夕方までにごななしち時腎臓の循の行の時間を押しながら、より少ない労力で大きな成果を勝ち取る.と◎◎効果:

足に分布して人体6本の重要な経絡、かつ、下肢の心臓から離れて、血液循環還流最悪、毒素代謝が遅いので,冷たいや脂肪を蓄積しやすい.土踏まず土踏まずは体内の血気が暢していることを助けて、助けて保存、収納の陽気で、秋冬の血液循環の血液循環を改善する「氷結肥を改善します.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です