最も角膜炎濃密な感情は

私で生まれた鉱山は、鉱山、金の鉱山、金鉱のない時、私は父から炭鉱を掘る.あなたは知っていて、これは非常に危険な業界は、早期全体の社会福祉制度はまだ健全な時、鉱山は災厄に満ちた地方、私はいつも私達のその鉱山は製造孤児と、未亡人の場所.

苦手故郷の冬は、多くの霧、冷ややかに乗って学校で授業を受けて、よく耳に矿务所を緊急時計,ギヤベッ、ギヤベッを、それからラジオ何日鉱山事故.もしお父さんはちょうどその穴、私は教室内の最初の反応は、必死に祈る心は、私の父は、私の父.外はまだかもしれないという,角膜炎、私たちは黙って授業を受けて、先生もわざと窓を閉めて、恐らく影響.ちょっと待ってからおばあさん——は葬式の老婆が、そののように感じる、死神、彼女が好きで、黒い服を着て、髪は後ろから霧の中で縛って――着てきて、遠くの方から走って来て、私は、祈りと呼ばないで.そして彼女がある子供の名前を呼び、阿で、迎えに来てくれるお父さん帰って、小さな友達をし始めて、泣いて、カバン、満場静か——その画面に人を一生忘れない.君はもちろん自分とは、ある種の幸い、しかしあなたは授業が終わると、すぐ坑口へ走って、すべての人はたまらないあなたそんな場面を想像することができますか?子供にひざまづいて前から紙を焼くお金、ひと山の人は泣いて、みんなはどうするのを討論して、時には、時にはたくさんの.君は泣いては彼の父の逝去や人の死ではなくて、更に何日を過ぎてこの学友は二度と皆さんと一緒に授業を受けましたから、彼は可能性は親戚を頼って、甚だしきに至っては都市の中に児童.

そんな鉱山、誰もが知っているこの業界危険、誰もが知ってる明日はどこにいるか分からないので,人々が学会事という互助.村にもし台風されて、屋根にリリースされた初めてのはきっと未亡人家を修理して、みんなの助けに行って.鉱区の生活は大変だが、人と人との感情を大切にすることができる.私は若いときに見て1冊の本、クロポトキンの『互助論」を見るたびに感動し、私たちのその村は基本的には貧しくはとても完璧な社会の縮図.あの村で、男の人はおじさん、おじさん、阿公は、女はおばさんは、叔母、ばあちゃん.

子供端1碗のご飯を食べて、村が、同じ、あなたは間違って1件の事、三度が殴られて.ある日私は道でカーブに小便をし、おじさんを見て、私は一押し、言います:“あなたはどのように途中で小便を見れば、女の子はみっともない!」私はただ小学校の二年生で、当時は一度、一度殴られました.半年ぶりに、ある日そのおじさんと私のお父さんの木の下でチャットして、私を見て歩いてふと思い出した、この子供が一度道端で小便をしましたが、彼に一度.父は来てくれと言って、そしてバチャバチャ、また一度打って.一年後に、奥さんは服を洗って、触ると

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です