中国人はどうして牛乳を飲みます牛乳4項の角膜炎おいしい牛乳を飲みます

牛乳は最も古い天然飲料の一つである.牛乳は、メスから出ると、メスは雌性から出てきている.異なった国家で、牛乳も分の違うレベル、現在最も一般的には全脂、低脂肪や脱脂ミルク.牛乳を飲むのメリットは今すでにますます大衆に知り合って、牛乳の中で豊富なカルシウム、ビタミンDなどを含め、人体の生長の発育に必要なすべてのアミノ酸、消化率は98%は、他の食べ物とは比べ物にならない.中国人は牛乳を飲むの歴史三千年前の商代につれて、畜産業が発達し、人々をマスターしたのは牛乳を飲む
.殷代から以前の古代の文字を見ると、とっくに乳とチーズなどの文字の記録.千年来、中国人は乳を飲みながら牛乳の品位、性質,角膜炎、加工、応用など各方面、ミルク文化という現象が形成されました.昔は漢代、陜西あたりの黄ミルクの味を知って,次は河南黄牛乳と山西の黄ミルクです.約千五百年前南中国北朝期、人々が多くの乳製品加工.例えば『斉民要术》という本の中には多くの乳製品を乗せて、例えば“煎茶練乳」(類似近代の濃縮乳)、煮詰まるミルク(を粉砕した後に類似近代の粉ミルク)、除去浮遊物ミルク(類似近代脱脂乳)、醍醐(類似近代の酸乳)、パイやバター(類似近代のクリーム)、チーズやチーズ(類似近代のミルクチー司)など.中国の56の民族があって、ほとんど马奶飲用牛や羊、特にに住むウイグル、チベット、モンゴル高原の民衆、彼らは野菜を食べるのが少ない、その大半はビタミンやミネラルからミルク、ミルクティーやバター茶の中の、そしてミルクの中には多くの熱.乳は彼らの生活中の愛です.百千年来、牛乳に養生保健効果面の研究、中国は唯一無二の.年から2000年以上、多くの漢方医局方局方が牛乳の効果を論述した.例えば梁代医陶弘景は著書「神農本草経集注』では、システムを論述したミルクの性質と機能の概念.その後、千年を経て後世の医学の家の生活と臨床に応用して、牛乳養生保健、補助病気の治療とリハビリ病体活動などの面で、もっと豊富と完備したミルクの性能の理論と応用.4項のおいしい牛乳の食事の牛乳のかゆの牛乳のかゆの牛乳250ミリリットル、米の60グラム、砂糖の適量.先に米を煮半熟に重湯、牛乳を加え、とろ火おかゆ、砂糖を混ぜ、十分に溶けてすぐなり.朝晩温かいし、注意の鮮度を保つ,変質しなかれ.可補虚損、内臓を強くする胃、潤五臓.適用虚弱過労、血気の不足、病後虚勝ち、老弱、栄養不良など症.牛乳500ミリリットル、大きいナツメ25グラム、米100グラム、米100グラム.先にお米やナツメとおかゆ、そして牛乳を加え、沸騰で補って血気、内臓を強くすることに適用して胃、過労体虚、血気の不足など症.厚ミルクミルクを沸かすに3~7%のでんぷんやかまぼこ粉末、片栗粉など、牛乳が濃い、少し砂糖で.本製品は習慣性に適用する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です