あなたは3本の角膜炎歯ブラシが必要です

毎日朝晩時間どおりに歯を磨いて、虫歯、歯歯病などの問題は依然としていつも訪問しています.渡辺智良によると、あなたを代表の歯磨きツール及び方法は問題を出しました!

渡辺智良

日本歯週病学会専門医歯週病、彼は、1口の美と歯だけではいけません1本の歯ブラシは,歯ブラシ、歯間ブラシ、線が、単に頭歯ブラシなどのツールの補助こそ、徹底的にきれいな歯.

渡辺智良は、歯を磨く時必ず以下さんの清掃道具:に

普通の歯ブラシ

歯間ブラシ,角膜炎、に.線や線棒1頭の歯ブラシは

以下は渡辺智良紹介磨き道具の正しい使い方.の使用方法を

して

人は歯の間の隙間の歯ブラシで、サイズは多様で、自分の歯の間隔の大きさを選んで最も自分の歯に合っていることを選択して最も適して最も適して自分の歯の間を選択して.使用法は次の通り:

歯間ブラシいち.挿入歯と歯の間、歯間の小さい人は強引に挿入、代わりに切り替え線がないように、歯が傷ついて.2、3度も軽くこするのは何度か3.の刷毛を使い終わった後に、清水で洗い流してから別の歯の隙間をこする



渡辺智良は、最初があるかもしれない歯ぐき出血の状況は,以前はブラシをきれいに細菌代表が、炎症を起こすことを招く.歯間ブラシを使用することで、細菌の数を減らし、炎症を緩和することができる.

線線と棒の使用方法

線線と歯間ブラシ棒と同じように、きれいな歯隙の片腕.特に歯と歯のすき間が小さく、歯間ブラシを使用することができない人、使用の線も清潔な効果を達成することができますように.使用法は次の通り:

いち.程度線牽引させ、軽く滑りに歯のすきまに2 . 2 .に繰り返し上の牽引、歯の根元に行く時、摩擦歯の側面を忘れて、清潔に殘留する細菌を.

「1頭の歯ブラシの使用方法というのは1頭のブラシは頭が小さくて細い歯ブラシをこすることができて、有効にする普通の歯ブラシは親知らずあるいは生長します比較的に中の奥歯の側面がある.多くの人は親知らず問う人も無き系図物語、よく疏於保養だが、渡辺さんは指摘智良、将来もし奥歯に食われて、親知らずがまっすぐ矯正の代わりに奥歯に使うため、はまめで単頭歯ブラシ清潔、親知らず健康保持.

~に

さんの歯ブラシの使う順序、渡辺智良は、まず歯磨き混んで一般によく歯ブラシ、きれいな歯隅々にまで磨い後で口の中の泡吐いてしまい、先に頭を後ろの歯だけ歯ブラシ清潔で、最後に歯間ブラシやきれいな歯隙間線. 、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です